日記とゲームレビュー、詩を主に取り扱っています。
by amejisutolance
検索
カテゴリ
全体
愚者・紫宝の自己・紹介
愚者の独り言(日記)
愚者の詩(詩)
愚者の戯言(レビュー)
愚者の戯言2(18禁レビュー)
愚者への供物(掲示板)
愚者の仲間達(リンク)
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
afi tattoos
from afi tattoos
housenumbers
from housenumbers
houses in fl..
from houses in flor..
tow trucks
from tow trucks
jvc dvd play..
from jvc dvd players
eye glasses
from eye glasses
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
eurax
from eurax
mp3 saiyuki
from mp3 saiyuki
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
リンク
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

相互リンク



個人サイトリンク
メーカーリンク



サーチエンジン




エロゲーレビューサーチ

バナー

↑バナーです。ご自由にお使いください

ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 04月 07日 ( 2 )

18禁レビュー

採点基準

採点は
・シナリオ・・・・・・・・・・・・・・・採点はきびしめです。
・グラフィック・・・・・・・・・・・・・採点はきびしくもないし、優しくもありません。
・音楽・・・・・・・・・・・・・・・・・・採点やや厳しめです。
・システム・・・・・・・・・・・・・・・採点激甘です。信用したら地獄をみるかも?
・総評・・・・・・・・・・・・・・・・・・採点はきびしめです。

この5つに分けて行います。それぞれ、100点が満点になります。尚
完全な主観レビューなので信用しないで下さい。
方式は直感による加点です。
また、文章的な問題はないとはいえ、このコンテンツには18歳未満の方がやってはいけないゲームのレビューだけを置いています。そのため、
18歳未満の方の閲覧を硬く、禁じます。


18禁レビュー一覧

LOSTCHILD
もしも明日が晴れならば
レーベンスエンデ
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-07 22:33 | 愚者の戯言2(18禁レビュー)

レーベンスエンデ(同人作品)

少々ネタバレだと思われるところは保護色にしています。

シナリオ:68/100
それなりに楽しませていただきました。
全体的な流れは悪くありません。少々(かなり)短かったですが、テキストも退屈せずに読めましたし。
今作品で問題だったのは、主人公コンビ2人があまりに魅力的に映らないことです。
管理人は今作品の主人公とアデーレは嫌いです。
アデーレとの初回アレイベントに入る時(そもそも入り方が少々強引です)と終わった後の主人公の言動がただの駄目な奴の思考で、彼女に夢中になっている時の思考回路はまさしく性犯罪者・・・・・・記憶が無ければ何でも許されるってものではないですよ?こんな主人公は嫌いです。激しく減点されました。

次に、アデーレです。彼女の達観し過ぎた考え方についていけないのは、私がまだ子供だからでしょうか?
それとも、アデーレ自身の過去が全く語られないからなのでしょうか?
または、アデーレ自身に少々の迷いが恒間見えたからでしょうか?
彼女の考え方は少々大人びすぎていて、管理人には理解できなかったです。

最後に、点数をここまで押し上げてくれた人たち、共感しやすかった敵側でした。彼らは総じて単純に自由を求めていましたから。フルトヴェンクラー、千、蠍エレメント(名前忘れました;;)の三人です。千の最終決戦時の意見は、とても真っ当に聞こえました(こう言う私は甘いのでしょうか?
フルトヴェンクラーの「余計なお節介」は的を射ています。
というか主役はぶっちゃけフルトヴェンクラーと千でしょう?(爆

ストーリーや人物に対しての不満めいたモノがとても長くなりそうなので、下の総評のMore内にて詳細を語ります。(いつも長くなるのは私の文章力が拙いせいでしょうね;;

グラフィック:70/100
アデーレと主人公の立ち絵が気になりました。主人公はどこか絵が荒いような印象を受け、アデーレはスタイルに比べて少々顔が幼すぎるように思えます。立ち絵のバリエーションは問題なし。他も特に問題ないです。

音楽:80/100
最初に聞いたときだけ「ハイテンション」に違和感を覚えました。あと、何処のスパロボ?みたいな曲もありましたねw(誉め言葉ですよ?シーンにあってて格好いいとこありましたし
他の場面に使われた「ハイテンション」や、その他の曲は問題ないです。突出していいというわけでもありませんが。

システム:55/100
スキップが使いにくいです。ウィンドウ透過ありません、テキスト書体が変えれません。影あり・影なし設定できません、振り仮名の振り方に少し戸惑います。このようにけっこう不満点が大目です。ですが、演出はとても頑張っていました。立ち絵がズームイン・ズームアウトしたり、剣の軌跡が入ったり、立ち絵が跳躍したりと躍動感があり、RPGのような雰囲気です。

総評:70/100
最近、同人のレベルは上がってきているのでしょうか?素直にレベル高いと思います。
 買って損は無い作品です。たとえ主人公に嫌悪感を覚えようと、アデーレの考え方が理解できない!!と嘆こうとも、です。二人の不快感を打ち消すような四人の名台詞、千とフルトヴェンクラーの名コンビ。やたらと実用重視で濃厚なアレのシーン。
現代ファンタジーもので少々短くてもかまわない、という人なら買って損は無いでしょう。

では誉めた後に間髪入れず管理人の愚痴やら皮肉やらを聞きたい!と思う危篤な方は下のMOREからお入りください。

More
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-07 22:29 | 愚者の戯言2(18禁レビュー)