日記とゲームレビュー、詩を主に取り扱っています。
by amejisutolance
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
愚者・紫宝の自己・紹介
愚者の独り言(日記)
愚者の詩(詩)
愚者の戯言(レビュー)
愚者の戯言2(18禁レビュー)
愚者への供物(掲示板)
愚者の仲間達(リンク)
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
afi tattoos
from afi tattoos
housenumbers
from housenumbers
houses in fl..
from houses in flor..
tow trucks
from tow trucks
jvc dvd play..
from jvc dvd players
eye glasses
from eye glasses
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
eurax
from eurax
mp3 saiyuki
from mp3 saiyuki
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
リンク
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

相互リンク



個人サイトリンク
メーカーリンク



サーチエンジン




エロゲーレビューサーチ

バナー

↑バナーです。ご自由にお使いください

お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:愚者の詩(詩)( 16 )

携帯にストックしてある最終兵器?・・・のはずだったんですガ(詩)

携帯にストックしてある無題詩を全て吐き出しましょう。
・・・・・と思ったんですが前の携帯が見つかりません(爆
恐らく、もう解約して機種を返還したんでしょう。
または単に私がなくしただけなのか。
というわけで、うろ覚えのやつを書きます。

獣のような瞳に 
理性を乗せて
生きる日々








五つくらいストックしていたはずなのにこれくらいしか覚えてナイorz
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-06 11:24 | 愚者の詩(詩)

100HIT突破記念(感謝を込めて


百人ものヒトがいれば

百の思考が生まれ
百の思惑が生まれる

人生を愉しむもの
人生を無駄だと思うもの
人生を平坦に生きようとするもの

ああ
誰が彼らを 止められようか












100HIT記念の詩です。うぅ、やっぱり思ったとおりに書けないぃorz
こんなんじゃ駄目だ・・・。
このサイトを見てくださっている、またはみてくださった皆さん、本当にありがとうございます^^
至らない管理人ではございますが、これからもどうぞ、愚者の詩(グシャノウタ)をよろしくお願いします。
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-05 18:27 | 愚者の詩(詩)

もしも明日が晴れならば

もしも明日が晴れならば
君と一緒に散歩に行こう
もしも明日が雨ならば
君と一緒に家にいよう

もしも君がいないなら
私はきっと祈るように
  願うだろう

もしも明日が 晴れならば

もしも明日が 雨ならば

もしも君が いたのなら
  









なかなか、納得するのが書けれないー><:
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-04 22:03 | 愚者の詩(詩)

一途な女性

もしも貴方が剣の柄を握るなら
私も剣を握りましょう
もしも貴方が何かを望むなら
私はどこへでも駆けずり回って見せましょう
もしも貴方が 命ずるならば
命さえ 惜しくはありません

貴方を愛した ときから
私の全ては貴方のもの です

  だからどんなに醜く なろうとも
私だけを  見てください












むう・・・全体的に微妙になってしまいました。まだまだ修行が足りませんorz
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-04 01:33 | 愚者の詩(詩)

月が見えない夜

月が見えない夜

どうしようもなく 不安になる

星が見えない夜

なぜか 物足りなくなる

夜が来ない今日
それは 世界が終わるとき

朝が来ない夜
それは ヒトの歴史









うぅ・・・・・不調です。意味のない単語の配列になってるorz
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-03 22:52 | 愚者の詩(詩)

Lostchild

それは記憶が語る物語
悲しく そして理不尽な
戦いの物語

雨の降り止まぬ都市
少年は激情を叫び
少女は静かに空を見上げる

少年は贖罪と未来の為に
少女は憎悪と記憶の為に
 戦場を駆け抜ける

戦いの果て 少年は世界から忘れられた
戦いの果て 少女は未来の為に生きるようになった

少年は延々と過去を見続ける運命に
少女は 永遠に彼と交わることの無い運命に


それは記憶が語り続ける

悲しく 哀れな
   物語 
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-02 22:42 | 愚者の詩(詩)