日記とゲームレビュー、詩を主に取り扱っています。
by amejisutolance
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
愚者・紫宝の自己・紹介
愚者の独り言(日記)
愚者の詩(詩)
愚者の戯言(レビュー)
愚者の戯言2(18禁レビュー)
愚者への供物(掲示板)
愚者の仲間達(リンク)
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
afi tattoos
from afi tattoos
housenumbers
from housenumbers
houses in fl..
from houses in flor..
tow trucks
from tow trucks
jvc dvd play..
from jvc dvd players
eye glasses
from eye glasses
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
eurax
from eurax
mp3 saiyuki
from mp3 saiyuki
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
リンク
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

相互リンク



個人サイトリンク
メーカーリンク



サーチエンジン




エロゲーレビューサーチ

バナー

↑バナーです。ご自由にお使いください

お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 44 )   > この月の画像一覧

今日は至って平凡すぎて何もない一日(長っΣ

更新情報
愚者の詩(詩)を更新いたしました。題名は「目の前に」です。二行の短い詩です。


それでは本日の日記
うん、、、どうしようか?
何かネタあったかなぁ???
・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・ああ!あったあった、ふう;;えがったえがった(危うく今日の日記は・・・のみだけになるとこ・・・げふげふ) 

昨日友達から「舞-乙HIME」の第十話と「吉永さん家のガーゴイル」の第二話~第四話を借りました。そして鑑賞したであります、閣下!(誰や
ガーゴイルは正直、ギャグオンリーかと思っていたのですが。。。いやはやシリアスが土台でギャグがエッセンスだったとは驚きでした。因みに友達との間では既に「ガーちゃん」の愛称で呼ばれているアニメです(笑)
乙HIMEは翠が敵役だったのが不意打ちを食らった気分。でも遺跡を無断で漁ってる所とかを見ると納得。秘匿するガルデローベ側に立ってないのはむしろ必然ですね。

ふう、最近こんなんばっかで日記埋めてるなァ・・・
嗚呼、カラオケ行って思い切り遠慮なしに叫びたい・・・・何かストレス溜まってる気がしてならんのですよー。

とこんな所で
それではっ

あ、よく見たら明日から五月だ(気付くの遅っ
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-30 22:01 | 愚者の独り言(日記)

目の前に

目の前に 君がいたら
どんなに幸せなことだろう

[PR]
by amejisutolance | 2006-04-30 21:57 | 愚者の詩(詩)

更新頻度がかなりやばいですね♪orz

更新情報
愚者の詩(詩)を久しぶりに更新しました。題名は「苛烈な嫉妬」です。かなり暗い詩なので耐性のない方は見ないことをお勧めします。


それでは本日の日記
最近更新頻度が著しく落ちていますね
お陰で閲覧者も二桁ぎりぎり。アハハ~♪

ブログ辞めようかしらorz

正直、専門学校が忙しいです。帰ってくるとクタクタです(単に体力がないだけDA!
小学校以来、脳内HDDフル回転ですからねー(12年強も前なんです。
そりゃーしょうがない、と慰めてくれるもよし
甘ったれたこといってんな、と叱るもよし、ですよ?

それはそうと、今日は月刊コミックBLADEを買ってきましたよー♪増刊MASAMUNEは微妙でしたが、月刊の方は面白かったです。

まずは新連載「スティグマータ」
性格粗雑なシスターが車で少年を轢いてしまい、その少年と同行しなければなくなったけど、聖堂で何者かに襲われた時に実は探し人その人だったと、粗筋はこんな感じ。この先、どうなるかによって面白さは変わります。

「僕と彼女の×××」はスルー、性転換モノは嫌いなんです。最近面白いなーとは感じていますが、嫌いなモノは嫌いです。

「殲滅戦鬼ももたま」
今回でやっと本格始動ですね。段々楽しくなってきました。流石は「ピース・メーカー」の作者w
次回が気になります。

「ARIA」
THE、ノンストップゆるゆるw
今回はARIAカンパニーがどうしてできたのか?のヒストリー。ちょっと悲しくて優しい物語。でも、全体的にはやっぱりゆるゆるwそれがARIAッ

「テイルズオブシンフォニア」どーでもいいw
ゲームはマンガにならなくていいです。

「その向こうの向こう側」
同じ名前をつけられた双子王子、ヴィリッドとヴィリッドの問題が一気に進行。次の回で二人が邂逅します。どうなるのか、気になります。

「イレブンソウル」
シャヘル間の会話と、初めて強化外骨格を着る九十九と武道。伊藤隊長と武道の会話、伊藤隊長の弟、万と武道は友達だったということ、伊藤隊長が悔やんでいる時に見せた武道の複雑な表情。とこんなところでしょうか。これも先が気になりますね。

「エレメンタルジェレイド」
新しく訪れた街でのクーとレンのすれ違い。これだけですね。しかし、やはり先が(以下略

「はこぶね白書」
ゆるゆる第二弾?こちらは不思議も入ってます。
動物が人間になるための学校に入った人間「ねこ」
が不思議な学校生活を送る物語。今回のお話は簡単に言うと「何の部活に入るか」を迷って、決めるです。
このマンガは結構好きです。

「マザーキーパー」
兄貴と妹の最悪の再会。この一言に尽きます。

「TAKERU」
んー、コメント難しいですね。イズモとハタハタヒコがオグナとミヤズに合流。
草薙の剣に憑り付かれたクマソはアマミカドに進行するも、策にはまり、挟み撃ちにされ危機的状況に陥る。こんな所です。

「Wチェンジ」
コメントが非常に難しいので、スルーさせて頂きます。次回が気になる内容です。

「ジャンクヤード・マグネティク」
シーマとカームの寿命がもう僅か。それでも魔石に飲み込まれて生き延びることを拒む。そんな内容。眠いからか、どんどん内容が雑多になってますね;;

「西の善き魔女」
ルーンと再開、「蛇の杖」に入るというフィリエル。それを制止し、更にルーンを殺めようとするイグレイン。更にそれを制止し、ルーンを殺すなら貴女も殺すというフィリエル。何とか事態は収まり、一行は「壁」に向かう。偶然にも壁を通り抜けたフィリエルは竜の大群に轢かれ・・・といった内容。
この漫画は舞台を見ているようで愉しいです。舞台みたことないですケドねw

「クラウン」
剣太郎の苦悩に満ちた一日、以上w

「びんちょうタン」どーでもいい作品なのでこれまたスルー

「天外レトロジカル」
朱辿の疑念、両兵と朱辿の喧嘩、朱辿のコスモスでの
生活が描かれたのが今回。

「水辺物語」
今回で最終回。最初は期待していましたが、全体的には微妙な作品です。絵はいいのにナァ。。。
人が感情移入する間もなくあっさり死んでいくし、展開が早く、追いつけないしで訳の分からぬまま幕引き。やはり108人は多すぎたんでしょうね。栄江もカキュウ(漢字が出ないorz)も子供のような気がしてなりません;;

「アルトネリコ」
アダジオはドッペルと契約。事態は核心へ。以上。

「星のウィッチ」
マリーにこき使われるカヅキ、掃除が終わり、外へ出るマリーとカヅキ。絵を売る女、それを止める男。実はその男は記憶喪失。しかもその男は女の旦那で絵描きだという。マリーは記憶を作ればいいと女に提案、しかしカヅキがそれを否定。記憶を取り戻すために何とか頑張ろう、というのが今回の話。

「ジンキ・エクステンド」
最初から見てたけど訳が分かりません。以上w

「ラルシド!」
好みの絵じゃないけど惹き付けられるキャラで読んでる漫画。今回は貧乏神で精霊のシドとのへそくりを巡る対決。その過程でラルは使用できないハズの魔法を使えるようになり、シドはそれに対し若干の不安を募らせる。こんなとこ

「Ares」
エーテロイドに襲われる一行。招待主と主人公の邂逅。以上・・・

「スケッチブック」
ほのぼのギャグ系四コマ。タイ風ラーメンを台風ラーメンの解釈がツボにはまりましたw

さて今回は珍しく長くなりましたがこの辺で。
それではっ
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-30 00:48 | 愚者の独り言(日記)

苛烈な嫉妬

貴方が誰かのモノになるというのなら
貴方を奪おうとする人を殺めます
貴方がそれを止めるなら
私は貴方を殺めます
そして 冷たくなった
貴方を
私のモノにして 
いつまでも 縋って生きましょう
たとえ 煉獄の焔に焼かれても
それが当たり前と知っています
だから 貴方と共に いさせて下さい

[PR]
by amejisutolance | 2006-04-30 00:44 | 愚者の詩(詩)

やばいですわぁ

更新情報


それでは本日の日記

やばいです;;本日五時間目、いつの間にか眠っていました;;
うあああ、食後の授業は何でこんなに眠いんですかっorz
いつもいつもいつもいつも

眠いんです。助けてください ヘルプ・ミー

話はどこかに飛躍して、本日、私が通っている学校の生徒の誰かが喫煙室(13階)に向かう、12階と13階の間の非常階段隣の壁を蹴ってブチ破ったらしいです。
お陰で喫煙室は立ち入り禁止、タバコ吸ってる生徒の皆様、南無阿弥陀仏。


とこんな感じで
それではっ

apacheの設定がよーやく終わったよー!!(感動
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-25 20:14 | 愚者の独り言(日記)

休日はすばらしいですねっ

更新情報
友達から「ダウンヒルナイト」を借り受けました。近々プレイする予定です。やらないかもしれませんorz
愚者の詩(詩)を更新しました。題名は「孤独」です。
遅くなりましたが500hit突破ですね。うれしーです♪
何か記念になることをやりたいですが。。。うーん、思い浮かびません;;
画力があれば絵とか書くんですがねーorz


それでは本日の日記

最近更新休んでてすいません;;課題が中々終わらず、危なかったんですorz。
何もない休日はいいですねー♪と思いつつ、何かやらなければ!という焦燥感も浮かんできます。結局ダラダラするんですけどねーorz(ダメ人間

撮ったまま放置していたアニメを今日、消化ー。

「ANGEL HEART」
夢さんと上手くいってよかったね♪とリョウが格好いいー。いいこと言い過ぎですよ、リョウさん。シンフォンはこのままギャグキャラで終わるんでしょうねーw
今週(先週?)の総集編は昔のシンフォンはあんなに格好良かったんだなー、くら
いですね。

「MONSTER」
のどかな町で、ゆっくりと狂気が侵蝕しています。ルンゲとグリマーのコンビがいい感じ。
この二人好きだわー。テンマは一歩遅れて町の場所を突き止め、向かいます。
大雨で川が氾濫した状態の町にどうやってたどり着くのか、テンマの到着
までに何処まで狂気に侵されるのか、楽しみですね。

「.Hack//Roots」
ハセヲとオーヴァンの再開、志乃のハセヲに対する見事な毒舌、直毘とフィロの邂逅
辺りが見所ですかね?.Hackのアニメは正直、あまり期待してないです。ゲームには大いに期待しています。その為、ハセヲの生い立ちは見ておいた方がいいかなーっと。あと、OPが梶浦さんで、EDがALI PROJECTさんなので見てますw

とこんな感じで。
それではっ
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-23 13:45 | 愚者の独り言(日記)

孤独

一人孤独に向かいます
あの場所へ

二人孤独に向かいます
その場所へ

三人でも孤独に向かいます
届かない場所へ

人は何処まで 孤独なのでしょう
永遠に 孤独なのでしょう

たとえ 何人 いようとも

[PR]
by amejisutolance | 2006-04-23 13:42 | 愚者の詩(詩)

ヌルい

更新情報
今日は日記だけだと思います。

それでは本日の日記

今日は特に何もありませんでした。クラス全体が馴染んできてるかなー、くらいですね。
昨日は友達とjavaのヌルプログラムを必死に覚えてました。
ヌルプログラムとは以下のようなものです。

class Hello {
public static void main(String[] args) {
System.out.println("Hello");
}
}


↑の五行をヌルプログラムといいます。そしてこれをコマンドプロンプトで実行させる手順までを何回もやりました。お陰でここを更新する体力があまっていませんでした、とそんなカンジです。
いやー、専門学校は高校に増して楽しいですね~♪(あ、逃げた

とこんな所で
それではっ
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-19 21:33 | 愚者の独り言(日記)

あははー、理論なんて苦手です

更新情報
愚者の詩(詩)を追加いたしました。題名は「狂った笑顔」です。


それでは本日の日記。

本格的に学校の授業が始まりました。私には理論なんてサッパリです。頭が痛くなる気分です。授業終わって家に帰ると、あっという間に寝てしまうくらい疲れていたやうです。
改めて見てみるとコンピュータはとても複雑簡単な理論で動いているのが分かります。
話は場外ホームランのごとくどっかに行って、パソコンが手に入った時点で休憩時間になっても自分の席から離れようとしていません。誰かと話そうとか、思わないんだろうなあ。ドライです。

とこんな感じの一日でした。
それじゃまたっ
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-17 21:57 | 愚者の独り言(日記)

狂った笑顔

笑っている顔の方が素敵だ
と君が言ったから
僕はいつも笑顔でいようとした

どんな威圧を受けても
殴られても
蹴られても
何を言われようと

それ以上のちからで
睨み返している時も
殴り返している時も
蹴り返している時も
何を言っている時でも

いつも笑顔でいようとした

その内、僕の笑顔は
仮面のように張りついて
君が怖がるようになってしまった

こうなるように仕向けたのは
君だったのに















どっちかっていうと短文ですね;;orz
[PR]
by amejisutolance | 2006-04-17 21:54 | 愚者の詩(詩)